オルニチン回路とアンモニアの関係

MENU

オルニチン回路とアンモニアの関係

オルニチン回路は、肝臓の働きを正常化・維持するために重要な働きです。

 

オルニチン回路は、「尿素回路」とも呼ばれているのですが、有毒物質である「アンモニア」を肝臓の中のオルニチンによって解毒することで無毒化させるという働きをします。

 

肝臓は、人間が生きているために必要なエネルギーを生成してくれている臓器なのですがアンモニアを分解・解毒するという重要な働きを持ち、疲労回復などの役割を持っています。

 

【オルニチン回路のメカニズム】

 

  • 「有害物質アンモニア」を「尿酸」へと変化させる。
  • 肝臓の働きによって、尿酸を「尿素」へと代謝させる。
  • 無害化されたものが体外へと排出される

 

オルニチン回路の働きによってアンモニアを分解することで肝臓は機能を保つことができているのです。オルニチン回路に異常が発生すると肝臓の機能にも異常が発生し、肝臓が働けなくなってしまいます。

 

そうすると疲労を回復することが出来なかったり筋肉や他の臓器へ必要なエネルギー源を送ることができなくなり私たちの身体は健康を害してしまい、血糖値の上昇や糖尿病などの病気を招く恐れもあります。

 

【肝臓の働きを害するアンモニア物質とは?】

オルニチン回路によって分解される「有害物質アンモニア」とは一体何者なのでしょうか。

 

アンモニアと聞くと、とても強烈で不快なニオイを思い出す方もいらっしゃるかもしれません。私たちの体内ではアンモニアが生成されます。腸の中に存在する細菌によって食事で摂取されたたんぱく質などが分解されることでアンモニアは生成されます。

 

発生したアンモニアは血中に流れて行きます。血中を流れ肝臓へとたどり着いたアンモニアはオルニチン回路によって分解されます。これらが「オルニチン回路」の働きであり「アンモニア」との関係性なのです。

 

オルニチン回路の異常により有害物質であるアンモニアが分解されずにいると体内に蓄積してしまい病気を発症する原因にもなります。

 

オルニチンは、シジミなどの食材からも摂取することが可能なのですが手軽に服用することのできるオルニチンのサプリメントがオススメです。

 

ドラッグストアやインターネット、通販などで気軽に購入することが可能ですし続けやすいお手ごろなお値段も嬉しいサプリメントです。