肝臓の怖い病気「肝炎」

MENU

肝臓の怖い病気「肝炎」

肝炎といえば、社会問題でもある「C型肝炎」がありますが
肝炎は、C型肝炎だけではなく、いろいろな種類のある病気です。

 

「A型肝炎」「B型肝炎」「C型肝炎」「劇症肝炎」などが挙げられます。

 

【A型肝炎とは?】

A型肝炎は、A型肝炎ウイルスによって引き起こされます。日本人で発症している方はほとんど見られません。アフリカなどで多く発症している方が見られる病気です。

 

A型肝炎は、経口で移る病気のため、衛生的な問題が発症の原因だと考えられます。

 

衛生環境が整っている現代の日本ではA型肝炎を発症する方はほとんど見られませんが
衛生環境の悪かった時代には、日本でも多くの方が発症していた病気です。

 

A型肝炎ウイルスの潜伏期間は2週間ほどで、長い場合には6週間ほど潜伏する場合もあります。

 

【B型肝炎とは?】

B型肝炎は、血液を介して移ってしまう病気です。輸血によってB型肝炎を発症してしまうことが多いとされていましたが現在は、輸血によるB型肝炎発症の心配はほとんどありません。

 

B型肝炎は、母子にも注意が必要な病気です。

 

母親がB型肝炎を発症してしまっている場合、出産の際、あるいは産後に子供がB型肝炎を発症してしまう可能性があるのです。子供はとても抵抗力が弱いため、B型肝炎ウイルスが肝臓に定着してしまうのです。

 

慢性肝炎へと進行してしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

【C型肝炎とは?】

血液を介して移ってしまう病気ですが、C型肝炎は社会問題となっている病気です。

 

輸血や血液製剤が原因となって発症するとされていますが他人に移ることはほとんどありません。C型肝炎には、慢性化しやすいという特徴があり、慢性肝炎へと進行してしまうことが多くあります。

 

C型肝炎は、肝硬変や肝臓ガンなどへと進行してしまう可能性の高い病気でもあるんです。

 

【劇症肝炎とは?】

急性肝炎が急激に悪化してしまったものを劇症肝炎といいます。劇症肝炎を発症してしまうと完治する確立は30%ほどととても低く、命にも関わる恐ろしい病気です。肝炎の中でも最も注意が必要なんです。

 

B型肝炎から劇症肝炎へと進行することが多くあります。必ず専門医の治療が必要です。