肝臓の怖い病気「肝硬変」

MENU

肝臓の怖い病気「肝硬変」

肝臓は、肝細胞がダメージを負ってしまっても、肝臓自ら修復することのできる能力を持っている臓器です。しかし、「ダメージを受け、修復する」ということを繰り返していると「繊維」が肝臓内に増加し、肝臓に流れる血液の流れが悪くなってしまいます。

 

血液の流れが悪くなってしまうと、修復作業を上手く行うことができなくなってしまい血液を十分に行き渡らせることもできません。肝臓内に繊維が増加してしまうことを「繊維化」といいますが繊維化が進行してしまった肝臓は、とても硬くなってしまうのです。

 

その症状を「肝硬変」といいます。

 

肝硬変は、アルコール(お酒)によるものとウイルスによるものがありますが肝硬変を患っている日本の患者の80%ほどはウイルス性の肝硬変であると言われています。

 

【肝硬変の症状とは?】

肝臓は、ダメージを負ってしまっても自ら修復することのできる能力を持っていますし
「沈黙の臓器」と呼ばれているほど、なかなか自覚症状を現すことのない臓器です。

 

肝臓は、人間の臓器の中で最も大きい臓器ですが肝臓の5分の1ほどが機能してさえいれば「正常な働きをすることができる」と考えられています。

 

このようなことから、肝硬変を患ってしまったとしても、そう簡単には自覚症状が現れることはないのです。自覚症状が現れたときにはかなり進行してしまっている可能性があります。

 

【肝硬変は合併症に注意する必要があるんです!】

肝硬変は命にも関わるとても危険な病気です。そして、合併症を引き起こす可能性も考えられます。肝硬変に伴う合併症は命の危険がとても高いものです。

 

「食道静脈瘤」という合併症を挙げることができるのですが、静脈瘤が何らかのキッカケで破裂してしますと大出血が起こり、とても危険です。静脈瘤は破裂し、大出血が原因で命を落とす人も少なくはありません。

 

早期発見が重要です。

 

もうひとつ挙げられる合併症には「肝性脳症」があります。
脳の症状だけではなく、精神的な症状までをも引き起こすものです。

 

今日が何日で何曜日なのかもわからない、計算ができない、行動が異常になるなどの症状が見られるようになり、昏睡状態にまで陥る危険があります。