オルニチンの減少が加齢臭の原因に!?

MENU

オルニチンの減少が加齢臭の原因に!?

「加齢臭」と「オルニチン」には、とても深い関係があるということがわかっています。
「オルニチン回路」が異常な状態になることで加齢臭を発生させてしまうというのです。

 

加齢臭を防ぐためには、食生活の改善や生活習慣の改善、入浴や運動などが有効的だとされていますがオルニチン回路の異常により加齢臭が発生してしまっている場合にはオルニチンを補給するということが一番の加齢臭対策になると考えられています。

 

「オルニチン回路」と「加齢臭」には、どのような関係があるのでしょうか。

 

【オルニチンと加齢臭の関係とは?】

加齢臭は、年齢を重ねるごとに誰でも発生してしまうニオイだから仕方がないと思っている方が多いのではないでしょうか。

 

一方で、その加齢臭が周囲の方に迷惑をかけているかもしれないという不安から精神的なストレスとなってしまっている方もいらっしゃるのではないかと思うのです。

 

「不快なニオイは暴力と一緒だ!」なんていう意見もあるほど不快なニオイというのは誰もがイヤだと感じてしまうものなのです。

 

加齢臭は「清潔にしているのに解決できない」こともあります。
加齢臭が「何かを警告しているのだ」と考えてみてはいかがでしょうか。

 

「肝機能の低下」や「オルニチン回路の異常」が挙げられます。

 

オルニチン回路が異常な状態になってしまう原因は、アルコール(お酒)の飲みすぎや疲労、ストレスが原因です。オルニチン回路の異常により、エネルギーの代謝が悪くなることで肝機能が弱まり加齢臭の元となる「アンモニア」を分解することができなくなってしまうからです。

 

オルニチン回路が正常な状態であれば、加齢臭の原因となるアンモニアを分解し尿素へと変えることが可能なのですがオルニチン回路の異常により血中にアンモニアが溜まり、加齢臭となって現れるのです。

 

オルニチンという成分は、私たちの体内にも存在している成分ですが
不足してしまった場合には、サプリメントなどで補う必要があります。

 

オルニチンの効果によってオルニチン回路を正常化し、肝機能を強化すると共に加齢臭予防にも繋がるということご紹介いたしました。