オルニチンとは?

MENU

オルニチンとは?

美容や健康意識が高まる中、いろいろなサプリメントや健康食品が販売されていますが
「オルニチン」という言葉を耳にされたことのある方も多いのではないかと思います。

 

では、オルニチンがどのようなものなのか詳しく説明することができるでしょうか。聞きなれた言葉ではあるのですが、オルニチンがどのようなものなのかまではまだあまり知られていないようです。

 

【オルニチンはアミノ酸の一種なんです!】

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓で活躍してくれている成分です。

 

私たち人間の身体の中にも存在していますし、食材やサプリメントなどから摂取することも可能な成分です。オルニチンには、疲労を回復させるという効果があるとされているのですが、肝臓の働きを保ってくれているのだそうです。

 

人間の身体の中では、いろいろなアミノ酸が活躍してくれています。
そのアミノ酸のほとんどはたんぱく質の中に存在しているものです。

 

アミノ酸の一種であるオルニチンですが、ほかのアミノ酸とは違い、「遊離アミノ酸」というアミノ酸の一種なんです。オルニチンが血液に溶け込みながら身体の中を巡り、肝臓にたどり着くとアンモニアなどの有害物質を解毒し肝臓の健康を守るという役割を持っています。

 

【肝臓の働きを助けてくれるオルニチン!】

オルニチンは、シジミなどの食材やサプリメントなどから摂取することも可能なのですが、摂取することで、まずは腸で吸収されます。そして、肝臓・腎臓・筋肉などに運ばれて行きます。

 

肝臓にたどり着いたオルニチンは、オルニチンサイクルと呼ばれている代謝によってアンモニアを解毒します。アンモニアは、脳を動かすために必要なエネルギーの生成を妨げてしまったりする大変有害な物質です。オルニチンの働きによってアンモニアが解毒されると、エネルギーの生成もスムーズに行えるのです。

 

【オルニチンを摂取するならシジミ!】

みなさんは「肝臓に良い食材」と聞いて、どんな食材を思い浮かべますか?

 

「シジミ」を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。

 

シジミには、とても豊富なオルニチンの成分が含まれているんです。アサリ・ホタテ・イカなどにもオルニチンが含まれているのですがシジミに含まれているオルニチンの量は飛びぬけて豊富です。