肝臓にいいオルニチンとしじみ

MENU

肝臓にいいオルニチンとしじみ

オルニチンを摂取する方法としてはシジミなどの食品を食べることで摂取する方法やサプリメントを服用することで摂取する方法などがあります。

 

シジミからオルニチンを摂取しようとするならば1日に必要な摂取量を得るためには、3000個ほどのシジミを食べなくてはなりません。

 

1日にシジミ30個ほどなら、お味噌汁の具にするなどして食べることができそうですが
3000個ともなると、シジミがお好きな方でも無理がありますよね。

 

そこでオススメしたいのがシジミの成分が凝縮されたサプリメントです。

 

シジミから摂れる濃厚なエキスがギュギュッと濃縮されているサプリメントであれば、食品に近い状態だと言えますので、サプリメントを服用したことにより副作用やアレルギー症状が引き起こりにくいともされているのです。

 

健康などが目的でサプリメントを服用するにも関わらず副作用やアレルギー症状で苦しまなくてはならないようでは意味がありませんよね。

 

シジミの濃厚なエキスを凝縮して作られたサプリメントは食品に近い状態であると言えると同時に実際にシジミを食べることとそれほど差が無いと言われていますから無理もなく1日に必要な摂取量、シジミ3000個ほどを食べることができるようなものなのです。

 

お酒をよく飲まれる方は「オルニチン」や「シジミ」が肝臓に良い成分だということをご存知の方が多いのではないでしょうか。お酒を飲んだ帰りにコンビニでシジミのお味噌汁を、なんて経験はありませんか?

 

そのお味噌汁の中に入っているシジミやオルニチンは、実はほんのわずかです。

 

肝機能を強化する働きがあるとして、お酒を飲む前や後にオルニチン(シジミ)を摂取すると良いというのは事実なのですがお味噌汁から得られるオルニチンの量では、あまり効果を実感できないことも多くあります。

 

シジミやオルニチンを美味しく摂取することは、シジミのお味噌汁でももちろん可能なのですがやはり1日に必要な摂取量を確実に摂取することができるのは「サプリメント」です。
シジミの濃厚なエキスが凝縮されたサプリメントであれば尚更に良いと言えます。