脂肪肝とオルニチン

MENU

脂肪肝とオルニチン

脂肪肝の改善に役立つとされているオルニチンは、シジミなどに多く含まれているのですが最近では、オルニチンのサプリメントやシジミのサプリメントが多く販売されています。

 

オルニチンが脂肪肝の改善に役立つということは研究者の間でも認められてきています。

 

【肝臓を守るオルニチン】

肝臓は、私たちが生きていくために毎日毎日必死になって働いてくれている臓器です。

 

食事やアルコール、たばこなどによって摂取された余分な栄養素や老廃物、毒素などを解毒し排出しているのが肝臓なのですが肝臓の機能が低下してしまうと、解毒や排出が十分にされなくなってしまい余分な栄養素や老廃物などが肝臓へと蓄積されてしまいます。

 

それが脂肪肝となってしまう原因です。

 

低下してしまった肝機能を改善させるためにオルニチンが効果的だとされているのです。オルニチンは食物からも摂取することが可能なのですが最近ではサプリメントから摂取する方がほとんどです。

 

オルニチンが含まれている食物として注目されているシジミですがシジミから摂取できるオルニチンの量はごくわずかで、一日に必要とする摂取量を満たすことはとても難しいものです。

 

【オルニチンはアミノ酸の一種なんです!】

オルニチンは、私たちの身体の中にも存在している成分です。オルニチンは「遊離アミノ酸」というアミノ酸の一種で細胞や血液の中に存在しています。

 

オルニチンのサプリメントのパッケージに「L−オルニチン」という表記を目にされたことはありませんか?アミノ酸には、「D型」と「L型」という2種類の型があるのですがアミノ酸のほとんどはL型であるとされています。

 

【オルニチンはどのように肝臓へと運ばれるのか?】

食物やサプリメントから摂取したオルニチンは、腸で吸収されたあと、肝臓や腎臓、筋肉へと運ばれます。不足してしまうことを防ぐために血中などにも蓄えられ、いつでも作用させることができるようになっています。

 

腎臓や筋肉、血中や細胞などにも存在しているオルニチンですが、オルニチンが一番多く存在しているのが肝臓です。肝臓に運ばれたオルニチンは、代謝や排出、解読などに作用します。