脂肪肝に効果のある食物

MENU

脂肪肝に効果のある食物

脂肪肝に効果のある食物を接触的に摂取することで、脂肪肝を予防・改善することが期待できます。

 

脂肪肝を患ってしまっている方の中には、高脂血症や動脈硬化を併発している可能性が考えられます。脂肪肝を改善するために一番の効果を発揮するのが「食生活の改善」です。

 

動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす大きなリスクも持っていますし、脳疾患を引き起こしてしまっては、後遺症などが残ってしまう可能性もあり最悪の場合、死を招いてしまう可能性も考えられます。

 

脂肪肝は、とても恐ろしい病気なのです。

 

【脂肪肝の原因とは?】

脂肪肝を患ってしまうということは、肝臓に脂肪が溜まってしまうということです。

 

なぜ、肝臓に脂肪が溜まってしまうのでしょうか。

 

通常ならば、予防な脂肪は、肝臓の機能によって解毒されたり排出されたりするはずなのです。脂肪肝の患者のほとんどが「脂肪の過剰摂取」や「アルコール(お酒)」「たんぱく質の過剰摂取」が原因となっているんです。

 

脂肪やアルコール、たんぱく質はカロリーも高いですし、余分に摂取されたものは蓄積されるばかりです。エネルギーとして消費されるべき栄養分も摂取しすぎてしまうことで余分な栄養分であるにも関わらず蓄積されてしまい、肝機能を低下させてしまう原因となってしまいます。余分な脂肪などは運動だけではなかなか消費されませんし、一番効果的なことは食生活を見直すということです。

 

【青魚を摂取しましょう!】

脂肪肝の改善には青魚がオススメです。青魚に含まれているDHAには、血中コレステロールを低下させる作用があり、脂肪肝の方に良い食物です。

 

【酢で脂肪の蓄積を抑制しましょう!】

酢には「クエン酸」という成分が豊富に含まれていますが、脂肪が蓄積することを抑制する働きを持っています。

 

【ササミでたんぱく質を摂取しましょう!】

脂肪分の多い肉は避けてしまいがちなのですが、脂肪分が少なくたんぱく質の多い鶏ササミがオススメです。肝臓に疾患のある方は、脂肪分の少ないたんぱく質を含んだ肉の摂取が必要なんです。鶏ササミ以外には、脂肪分の少ない赤身肉もオススメです。