脂肪肝に効く運動

MENU

脂肪肝に効く運動

脂肪肝を予防するためにも改善するためにも脂肪を燃焼させなくてはなりません。

 

食生活を見直すことも大切なのですが脂肪を燃焼させるためには「運動」が一番ですよね。肝臓にこびりついてしまった脂肪はなかなか落ちにくいものです。

 

しかし、運動をすることで脂肪を燃焼させることができれば健康的な肝臓を取り戻すことが可能なのです。

 

【脂肪はエネルギーになる!】

脂肪はなぜ蓄積されてしまうのでしょうか。なぜ、なかなか燃焼してくれないのでしょうか。
「エネルギー」として脂肪を使うことができていないからなんです。

 

脂肪は、エネルギーとして使用するために身体が蓄えたものです。
しかし、脂肪を摂りすぎてしまうと燃焼できずに蓄積されてしまうんです。

 

エネルギー源となるもの脂肪以外にも糖分などたくさんあります。
脂肪をエネルギーとして優先的に使用できるような運動をしなければなりません。

 

脂肪には、皮下脂肪や内臓脂肪などがありますが、肝臓にこびりついてしまった内臓脂肪は、皮下脂肪と比べて燃焼されやすい脂肪であるとされています。

 

【無酸素運動と有酸素運動を上手く取り入れよう!】

無酸素運動の場合、エネルギーとして使われるほとんどが糖分です。

 

脂肪はあまり使われません。

 

脂肪を燃焼させるためには「有酸素運動」を取り入れると良いのです。有酸素運動とは、ウォーキングなどの軽めの運動です。

 

たっぷりと酸素を吸いながらできる運動のことを言います。

 

有酸素運動で効果的に脂肪を燃焼させるために同時に無酸素運動である筋肉トレーニングも取り入れると脂肪燃焼が進みやすくなります。

 

【脂肪を燃焼させるためには継続すること!】

脂肪を燃焼させるためにハードな運動をしてしまう方もいますが継続して運動した方が脂肪燃焼率が上がります。ハードな運動ではすぐに疲れてしまいますよね。

 

リラックスした気持ちでできるくらいの軽度な運動で良いのです。

 

短時間でハードな運動を行うよりも、軽度な運動を長い時間行った方が脂肪は燃焼されやすくなります。毎日継続して行うことが大切なのでリラックスして気楽にできる運動を取り入れましょう。

 

脂肪肝予防のためにウォーキングをされている方も多くいらっしゃいます。

 

ウォーキングをする時間がないという方も自宅から駅までの通勤時間を歩いてみるとか、スーパーへのお買い物は歩いていくなど日常生活の中で取り入れられるものでも良いと思います。