肝臓の仕組みを知ろう!

MENU

肝臓の仕組みを知ろう!

【肝臓の仕組について】

肝臓が自分の身体のどの位置にあるかご存知ですか?

 

肝臓は、横隔膜のすぐ下にあります。「胃の隣」と言えば分かりやすいでしょうか。
肝臓は人間の身体の中で最も大きな臓器で、右上腹部のほとんどを占めているんです。

 

個人差はありますが、1200gほどの重さがあります。

 

【肝臓はどのような構造になっている?】

臓器には、「動脈」と「静脈」という2本の血管が出入りしていますが
肝臓には、3本の血管が出入りし、身体の中の血液の4分の1が集まっているんです。

 

それぞれの血管の役割は下記のようになっています。

 

◆「門脈」

小腸によって取り込まれた栄養素などを肝臓へと運ぶための血管です。この血管によってたくさんの栄養が肝臓へと運ばれてきます。その栄養を肝臓がほかの臓器へと配給してくれているのです。

 

肝臓によって「余分だ!」と判断された栄養は便や尿と一緒に排出されます。

 

◆「肝静脈」

肝臓で生成された栄養や処理された余分な成分を心臓へと運ぶための血管です。

 

◆「肝動脈」

酸素を多く含んでいる血液を「心臓から肝臓」へと運ぶための血管です。

 

 

血管以外にも「胆のう」や「胆官」と呼ばれているものがあります。

 

胆のうは、肝臓で作られている「胆汁」を貯蔵するための袋のようなものです。胆官は、肝臓で生成された胆汁が通るための管のことを言います。

 

肝臓には「代謝」「解毒」「生成」「分泌」といった働きがあります。私たちの健康を守るために休むことなく働いてくれている臓器です。食事をすることで糖分や脂肪・炭水化物などを摂取することができますがこれらの栄養素をエネルギーとして使用できる状態にしてくれるのが肝臓です。

 

肝臓が働いてくれなくては生きるために必要なエネルギーが生成されなくなってしまいます。また、アルコールや薬・老廃物なのど有害な物質を解毒してくれているのも肝臓です。
アルコールや薬などは身体に悪影響を及ぼすものですが、肝臓の働きによって無毒化されているので悪影響を及ぼすことなく健康でいられるのです。