食生活の改善を!

MENU

食生活の改善を!

脂肪肝は、食生活が乱れてしまいがちな中高年の男性に多いようです。

 

「脂肪肝」という言葉を見て「脂肪を減らせば良いんだ!」と揚げ物を控えるなど脂質を控えた食生活に変えるという方も多いようですが脂肪肝は、脂質を減らせば予防できる、改善できるというものではないのです。

 

問題は、食生活によって「脂肪が蓄積されてしまう」というところにあります。
脂肪として身体に蓄積されてしまうものは脂肪以外にもたくさんあります。

 

たんぱく質も糖質も、エネルギーとして使用されずに余ってしまったものは脂肪として身体に蓄積されてしまうのです。脂肪肝の原因は脂質だけではありません。主な原因は「過剰なまでの高カロリーな食生活」にあるのです。

 

肥満である方の中には脂肪肝の方が多いと言われていますが必ずしも肥満の方が脂肪肝を患うというわけではありません。しかし、肥満の方が脂肪肝を患ってしまうリスクが高いということは確かです。

 

カロリーを過剰に摂取してしまうことで肥満や脂肪肝を患ってしまう原因となるのですが実は、脂肪肝は「ダイエット」が原因でも引き起こされてしまうんです。

 

極端な食事制限や食べないといったダイエットは脂肪肝の原因でもなります。食事制限をしたり食べないことで一時的には体重が落ちたり痩せた気分になるのはわかります。

 

ですが、通常の食生活に戻したときにリバウンドしてしまったり栄養を吸収しやすくなってしまい、元よりも太ってしまうこともあります。間違ったダイエットを続けることで痩せにくい身体を作ってしまう原因にもなるんです。

 

脂肪肝の原因となってしまいやすい間違ったダイエットは「たんぱく質を減らしすぎる」ということです。たんぱく質が十分に摂取できないでいると脂肪肝を発症しやすくなるとわれています。

 

食事制限や栄養バランスの崩れた食生活では、脂肪が燃焼されません。身体は栄養が足りないと判断し、エネルギー源として脂肪を蓄えようとするのです。ダイエットの成功、脂肪肝の予防・改善に必要なことは「正しい食生活を送る」ということがとても大切です。