肝臓いい食べ物と食生活

MENU

肝臓いい食べ物と食生活

食生活の乱れは、肝臓にとても大きな負担を与えてしまいます。
肝機能に不安のある方は、肝臓に負担の少ない食生活を心がける必要があると言えます。

 

食生活に乱れはないけれど、アルコール(お酒)の摂取が多い方も注意が必要です。

 

肝臓に負担を与えない食生活を心がけると共に、「よく噛んで食べる」ということを意識してみると良いと思います。

 

食べた物の消化を良くしてあげることで肝臓の負担を減らしてあげることができるのです。「脂肪」は、とても消化が悪いものですから、摂取しすぎないことが大切です。

 

【肝臓に良い食べ物とは?】

 

◆牛乳

牛乳には「動物性たんぱく質」が含まれていますが、とても良質なたんぱく質です。肝臓の修復や再生に効果のある成分です。アルコールを摂取しすぎてしまった日には、牛乳を温めて飲むことで傷ついた肝臓を修復することができます。

 

◆ウコン

アルコールがお好きな方はご存知の方も多いのではないでしょうか。ウコンが配合されたサプリメントなども多く販売されるようになりました。アルコールを飲む方に向けたサプリメントが多いように感じますが、肝機能を維持したいという方にもオススメです。ドラッグストアで気軽に購入することができるのも嬉しい点です。

 

◆大豆

大豆に含まれている良質なたんぱく質は、必須アミノ酸を多く含んでいます。肝臓の修復や再生に欠かすことのできない成分です。大豆には、必須アミノ酸だけではなく、ビタミン・カリウム・カルシウムなど肝臓の健康に必要な成分を多く含んでいるんです。豆腐や納豆などを積極的に食生活の中に取り入れると良いのではないでしょうか。

 

【肝臓に大きな負担を与えてしまってはいませんか?】

食べ過ぎてしまうことで、肝臓は必死になって働き、大きな負担を背負ってしまいます。
食べすぎが長期間続くことで、いつしか肝臓も疲れ果ててしまいます。

 

乳製品や脂肪の多い食事、肉や小麦粉などの消化に時間のかかってしまうものなど肝臓が処理するためには大きな負担がかかっているのです。添加物や農薬などの解毒や排出を行ってくれているのも肝臓です。

 

食べた物の全ての負担を肝臓は抱えているのです。